ホーム > 会社情報 > 社長挨拶

社長挨拶

江川 俊英

当社は、平成20年9月に発生したリーマンショックを震源とする海運市況暴落以降、低下した船価の状況を成長の好機と捉え積極的に船隊の拡大を図りました。ところが、その後の欧州危機や中国経済の成長鈍化等によって市況は長期的に低迷、多数の船舶において用船料が運賃収入を上回り、運航損益が逆ざや状態となり当社の財務体質は急速に悪化いたしました。財務体質を改善すべく、用船料の削減、逆ざやとなっている用船契約及び造船契約の解除、所有船舶及び子会社の売却、金融支援のお願い等できうる限りの様々な方策を模索して参りましたが、当初の想定を大幅に下回る市況のもと、運航損益の逆ざや状態を補うことができず、このままでは近い将来事業継続に著しい支障が生じることが確実な状況となったため、関係各所への影響を最小化すべく、平成27年9月29日に民事再生手続開始の申請をいたしました。お取引先並びに株主の皆様には多大なるご迷惑をお掛けし、大変申し訳なく、改めまして深くお詫び申し上げます。

そのような状況にもかかわらず、多くの方々からご支援を賜り、平成28年6月29日より「新生第一中央汽船株式会社」として再出発することができました。このご支援をしっかりと受け止め、当社の良き伝統は引き継ぎながらも、変えるべきところは変え、役職員一致団結して、皆様のご期待に応えられるような不定期海運会社として、事業を再構築して参りたいと考えております。

当社には、これまで、コンパクトながらも外航・内航の両輪を備える総合海運会社として培ってきた海上輸送サービスノウハウと、現場に根付いて実績を積み重ねてきた海上技術力があります。これらを武器に今後は、長期かつ安定的な収益を確保すると共に企業価値の向上に努め、常に社会貢献できる企業であることを目指せば、そこに「新生第一中央汽船株式会社」の存在意義があるものと確信しております。

ご支援いただいている方々の思いを胸に一日も早い事業再建に全力を尽くすべく、今も、これからも、一歩一歩着実に前に向かって進んで参る所存でございますので、引き続きご指導ご鞭撻を賜りたく、宜しくお願い申しあげます。

代表取締役社長

江川 俊英


ページの先頭へ