事業案内

近海船

近海船

当社では約5千重量トンから約2万重量トンのばら積み貨物船で、近海不定期船サービスを行っています。
これら近海不定期船のうち、約1万重量トン以上の船隊は、主にロシア、インドネシア/日本間の石炭輸送や日本から東南アジア向けのセメントや鋼材輸送を行っています。また、1万重量トン未満の船隊は、1万重量トン以上と同様、日本から中国や東南アジア向けの鋼材輸送、東南アジアからの木材製品や原木の輸送が中心となっています。

当社の近海不定期船サービスの特徴は、古くから他社の追随を許さない船隊規模を誇り、顧客の要望に対する柔軟性です。これまでも、お客様のニーズをいち早く掴み、港湾・貨物に最適な船型や海上輸送に関する多彩なアイデアを提供して参りました。その結果、今日まで様々なお客様から絶大な信頼を得ております。

近年においては、発電所向けに東南アジアから出荷されるバイオマス燃料(木質ペレット並びにヤシ殻)の輸送に注力しております。

時代の流れ、また多様なニーズを的確に捉えながら、「船」というハード面の柔軟性だけでなく「人」というソフトな面も柔軟に対応し、東南アジア水域の海上輸送に貢献して参ります。

在来船ライナースケジュール

在来船ライナーサービスについての最新のスケジュールをご覧いただけます。



航路図

hongKong
Shanghai
Hanoi
Manila

ページの先頭へ